大河原まさこさんを応援しています。      ~参院選半ばを過ぎました~    

2013年7月15日 20時28分 | カテゴリー: 活動報告

生活者ネットワークは、政治を他人任せにしない、政治は生活のための道具であるという考えのもとで議会に議員をおくってきました。

 大河原まさこさんは、生活者ネットワークで10年都議会議員を務め、食の安全や子どもたちのこと、環境問題などに取り組んできました。その経験をいかし、この6年間参議院でも生活者の視点でしっかりと活動してきました。

 この江戸川区においては、ほかの自治体ではまったくやらないのに、区民の安全を守るという大義名分で、スーパー堤防事業を行っていますが、このような大型公共事業についても「公共事業チェック議員の会」で実際に現場を見に、江戸川区に来てくれました。

 スーパー堤防は、1度はスーパー無駄遣いと事業仕分けされたにも関わらず、海抜0mが7割の江戸川区には、高台化する必要があり、避難場所としても必要だとスーパー堤防事業を進めています。しかし、その事業を行っているところは江戸川区でも地盤の高い北小岩であり、長さにして、わずか120m余りの堤防です。そこに40億円以上のお金が投入されます。6月議会に提案された補正予算24億円のうち、スーパー堤防に関するものが約20億円を占めます。経費削減が必要だということで、この4月から216事業が見直され、高齢者や子どもたちにたちに関する福祉的な予算が削られたにも関わらず、この大型公共事業には何十億円もつぎ込んでいるのです。

 大河原まさこさんは、このような無駄な公共事業より、人に投資するべきだと、公共事業改革に取り組んできました。

 私たちは、生活者としての目線で、そして生活を実感している者の感覚で政治をやれる大河原まさこさんを応援しています。

 明日大河原まさこさんが江戸川区に来ます。

 8:00 西葛西駅南口   9:20 瑞江駅南口  10:00 小岩駅南口     

です。お時間の都合のつく方はぜひ、いらしください。