塩沢江戸川荘、日光林間学校視察レポート

2008年6月29日 23時26分 | カテゴリー: 新村的過去ノート

活動報告 あ・ら・かると3

 塩沢江戸川荘と日光林間学校に区議会として視察に行きました。1期4年間で、区外にある施設「穂高荘」、「塩沢江戸川荘」、「日光林間学校」の3箇所には必ず視察に行きます。区民の中には、こうした視察について、さまざまな意見があることは承知しています。しかし、施設のバリアフリー化や管理者について、議会からも意見が出されたことから、改善されてきた経緯もあります。議会として、大勢の区民が使う施設に関して、どのような状況にあるのかの確認をすることは大切な任務だと思います。

6月5日 塩沢江戸川荘
 説明をしてくださった塩沢江戸川荘の指定管理者である(株)フジランドの方は、「冬季の利用者は多く稼働率がよいけれども、ほかの季節はまだまだなので、山菜採りツアーや稲刈り体験などを組み入れた企画をたてて、もっと江戸川区の方に利用してもらえるようにしたい」と話していました。
 2005年〜2006年の大雪で、道路のガードや、テニスコートの支柱、キャンプ場や散策道などの管理棟・トイレ棟が損傷してしまったので、随分補修が必要だったそうです。1泊しましたが建物自体は1、2階に広く吹き抜けがある贅沢なものですが、築20年以上たっているので、いろいろと不都合なところも出てきています。冷暖房の管から水が漏れて、廊下が水浸しになるようなこともあったそうです。私たちが宿泊した時も、廊下の端に大きな水を受ける入れ物が置いてありました。直接、管理者の方からいろいろな話を聞くことができて参考になりました。

6月6日 日光林間学校
 小学校5年生が林間学校で宿泊する、日光林間学校を視察しました。子どもたちから話を聞いたことはありますが、実際に見学できるとは思ってもみませんでした。飯盒炊爨をした場所、夜集まった体育館、あわてて入ったお風呂など、子どもたちの様子が目に見えるようでした。
このような施設をもたない墨田区などにも貸出しているそうですが、私たち区民も使えるそうです。ここも、夏の林間学校、冬のウィンタースクールなどのとき以外は利用者が少ないそうです。2施設とも1年を通しての集客が課題だとのことでした。今後、江戸川区民へのPRをもっと考えていくそうです。

日光林間学校の一般の方の宿泊費
5月〜9月 600円
10月〜4月 700円

食事代は
朝食 500円
昼食 700円
夕食 900円